keicyo

お願いしたことができていないときに考えてみたい二つのこと

 

こんにちは。
優しくなれる
話の聴き方講師の
垣辻より子です。

 

大人(両親)が、
未就学児程度の
子どもに使う言葉。

「着替えてねって言ったよね?
なんで着替えてないの!?」

「お買い物に行くから、
おもちゃ片づけてって言ったよね?
なんで片づけてないの!?」

など、こういう言葉、
耳にしたことありませんか?

特に、時間がないときに、
お母さんはその状況に
イライラしてしまうことがあります。

たとえば、最初の例の

「着替えてねって言ったよね?
なんで着替えてないの!?」
と言われた子どもが
できずにいる心境について、
二つのことが考えられます。

一つ目は、
【それをしないのには
何か理由(ワケ)がある】です。

たとえば、
まだ小さい子どもなら、
お母さんがあらかじめ用意した
ブラウスとスカート(女の子の場合)が
目の前にあるかもしれません。

しかし、子どもは、
「この服よりあっちのほうがいい」と
思っていることもあるんですね。

つまり、言われたことをやっていない、
やれていないことには、
子どもなりの理由(ワケ)が
あったりします。

私たち大人もよく似たこと
ありませんか?

それを、親のほうは、
時間がないなどを理由に、
「なんで着替えてないの!?」
と叱ってしまうことあるんですね。

子どもは子どもなりに、
小さい時から思っていること、
感じていることがあるのに、

言えない状況に
追い込んでいることも
あるんだと思います。

そうしないという理由(ワケ)と
それが言いにくい気持ちに
なっているその気持ちに
寄り添って、聴いてあげることが
できるといいですね。

 

そして、二つ目は、
【責められていると思っている】です。

こういう言い方をされると、
子どもは、自分が責められていると
感じるものです。

そして、たとえば、
「なんで着替えてないの!?」
という言葉の口調がきつかったり、
目の前のお母さんの
怒りの表情を見てしまったら、
さらに輪をかけて、
状況は悪化するばかり。

こういうときには、
「なんで〇〇してないの!?」という
責められているように聞こえる言葉を
別の言葉に変えたらいいそうですよ。

どういう言葉に
変えるのかというと・・

「なにかあった?」
「なにがあったの?」

だそうです。

こういう訊き方(尋ね方)をしてくれると、
周りの環境も含めて、子ども自身のことを
心配してくれているように聞こえます。

そうすると、
「この服よりあっちのほうがいい」
というように、素直に、
理由(ワケ)を説明してくれることも
あるかもしれませんね。

聴いてもらえないことが
重なるとどこかのタイミングで、
”やっぱり、お母さんには
わかってもらえない”
ということに気付き始めるでしょう。

だから、その前に
できる対応は
しておきたいですね。

いかがでしょうか。
今のあなたに、
何か気づきがあれば幸いです。

これからも優しくなれる
話の聴き方について、
お役に立てる情報を
お届けしてまいります。

****** ******

傾聴にご興味ある方は、
まずは、下記のプレゼントを
お受け取りください。

”十四の心の習慣(PDF)”(無料)
https://lucky-s.net/komikeicyo/present2/

 

▼傾聴1日講座の詳細&お申込みはこちら
→ https://andon-keicyo.com/kouza/

▼優しくなれる話の聴き方ホームページはこちら
→ https://andon-keicyo.com/

▼講演会、企業研修のお問い合わせはこちら
→ https://my142p.com/p/r/NDyU2ydv

関連記事

  1. 聴いてあげたいけれど、相談されると疲れるという人におすすめするたった一…

  2. 聴き耳をたてる女性

    “うなずき”と”相づち”…

  3. 手の平にもみじ

    自分の気持ちの取り扱い方

  4. ガッツポーズする男性

    傾聴1日講座(基礎/実用)の その後の報告をいただきました

  5. 林の中の光

    私は婦長さんに救われました

  6. 傾聴1日講座(基礎・実用)受講生さんの感想文ご紹介(7)

  7. ブランコに乗る女の子

    自分の振り見て、わが振り直せ!?

  8. マニュアル

    話の聴き方を手順書にできない理由