木の中の木漏れ日

keicyo

あなたに力を与えてくれる質問はどんな質問ですか?

こんにちは。
優しくなれる話の聴き方講師の
垣辻より子です。

今日は、前回のブログで
お伝えしたリフレーミングの
続きです。

 

前回は、
目の前で起こっている出来事に、
特別な意味はなくて、
自分が勝手にその出来事に
意味づけしているだけという、
お話をだったと思います。

前回の記事
https://andon-keicyo.com/keicyo/reframing/

私は、若いときに、
何回も入退院を繰り返すことがあって、
その出来事について、
つぶやいていました。

「なんで私だけいつも
こんなことが起こるんだろう?」

これは、
ネガティブな意味づけをしていること、
おわかりですよね。

ネガティブな感情を
自分で作りだしているのですから、
当時の私は、毎日、悲しくて、
途方にくれていたわけです。

では、あなたなら、
こういうとき、
どのような質問をするでしょう?

たとえば、

「この出来事の良い点ってなんだろう?」
「この状況におけるギフトはなんだろう?」

とか、

「この経験をどのように活かせるのか?」

とフォーカスを変えるだけで、
前向きな気持ちになり、
行動も変わってきます。

そして、

そのことから、
人のために生きることができたり、
自分で幸せをつかむことが
できることに繋がりやすくなるのです。

ということで、

人生、どの場面でも、
どの瞬間においても、
悪い面にフォーカスすることも
良い面にフォーカスすることも、
簡単にできるのです。

川のほとり

ここで、
間違ってほしくないのですが、

出来事が起こったその瞬間は、
悲しい、
辛い、
やるせない・・
などの想いは、
感じてもいいのです。

というか、
自分でそう感じていることを
否定せずに、認めてあげること。

そのときに感じた気持ちは、
そのまま自分の中で受けとめる
ことは大事なことです。

ややこしいことを
言っているかもしれませんね。

時間はかかってもいいので、
ちゃんと、
自分の気持ちを
受けとめることができたあとは、
是非、自分が前向きになれる質問を、
していけるといいですね・・
ということをお伝えしたいのです。

これって、傾聴にも関係があるのです。
自分がポジティブなこととして、
出来事をとらえることができないと、

人の話を聴いているときにも、
相手のネガティブなことばかりが、
気になって仕方がない・・という
ことになってしまいます。

こうなると、
人の話を受けとめるどころか、
聴いていられなくなり、
ついつい、ダメだしや、
アドバイスを
してしまうことになります。

いかがでしょうか。
よければ、
参考にしてみてくださいね。

今日も読んでいただき、
ありがとうございます。

******ひとりごと******

ケーキセット

1ヶ月の自粛の延長

誰かと話をしたい
話を聴いてほしい
自粛で息が詰まってきた
気分転換をしたい
愚痴をこぼしたい
最近、笑っていない・・・

お話していただける場所を
ご提供しています(無料)。

しっかりと話を聴いてほしい、
ふつうにお話したい、
その他・・
(思いつかないですが・・)

どの様な聴き方でも
相談に応じます。

寄り添い処『ひとりよりもふたり』
をご利用くださいね。

▼詳細/お申し込みはこちら
→ https://andon-keicyo.com/yorisoi/

****** ******

無料公式メルマガのご登録はこちら
→ 人に優しくなれる「傾聴メソッド」

講座について、もっと詳しく知りたい方はこちら
→ ホームページ【優しくなれる話の聴き方】

お問い合わせはこちら
→ お問い合わせ 垣辻より子【人に優しくなれる「傾聴メソッド」】

 

 

関連記事

  1. 林の中の光

    私は婦長さんに救われました

  2. カレンダー

    話を聴くときに邪魔するものって?

  3. 子供とお母さん

    『言葉になる気持ち』と『言葉にならない気持ち』

  4. 手を繋いでいる親子

    学校の話をしてくれない子供が自分からペラペラと話す様になった話の聴き方…

  5. さまざまな色形の葉

    当たり前をありがたいな~と思えること

  6. 同感と共感の違いをわかりやすく解説!目上の人とのコミュニケーションも楽…

  7. 空 筋雲

    先入観に気付いている人こそ、傾聴上達が速くなる

  8. 友達とお茶

    傾聴は、リフレーミングで視点を変える