ガッツポーズをする女性

keicyo

失敗を恐れている人に心が軽くなる気持ちの向き合い方

こんにちは。
優しくなれる話の聴き方講師の
垣辻より子です。

あなたは、
失敗したことありますか?

人は、誰しも、
程度の差はあれ、失敗をした
経験があるのではないでしょうか。

当時のことを振り返ると、
今も自分を責め続けている人がいたり、
思い出したくない過去が
あったりするかもしれませんね。

あとから考えると、
ああ言えばよかった、
ああした方がよかった、
こうした方がよかったんじゃないかな
と思うこと、
たくさん出てくるかもしれません。

しかし、よく考えてみると、

私たちは、
常にそのとき、そのときで、
ベストを尽くしているのです。

つまり、そのとき、よく考えた上で、
最善策を選んでいるのです。
あえて2番目や3番目の方策を
選んでいることってないですよね。

なので、是非、

『よく頑張ったよね』
『一生懸命やったよね』
『それしか方法がないと思ったんだよね』

こういう、
自分を支える言葉を持ち、
自分自身がよき理解者になること
自分に〇(マル)をつけてあげること

をおすすめします。
(この内容は、傾聴1日講座で、お伝えしています)

そして、
その上で、以下のように
成長志向を身につけていきましょう。

失敗した経験が
あったからこそ、
気づくこともあったりするものです。

”失敗”と書きましたが、

そう、失敗ではなくて、
期待した結果が得られなかっただけ。
フィードバックがあるだけなんですね。

『失敗の中にも隠れた可能性があり、
それを見つけることが大事』って、
いう表現をする人もおられます。

そう言えば、
以前、試験分析業務をしていた頃、
やってもやっても
結果がうまくいかなかった
ことがありました。
さすがに、
気が滅入ってしまいました。

でも、それって、
私が欲しい結果が
得られなかっただけであり、

もっと言うと、そもそも、
それが失敗かどうかわからない。
(勝手に失敗って思い込んでいるだけ)

検証、考察してみると、
その結果のなかに、いろいろな
情報があることに気がつきました。

その時の私にとっては、
そのフィードバックがあって、
何回も、
再考し、トライすることで、
結果的に、大きなギフトを
得ることができました。

・・・・・

傾聴においても、
失敗すること・・あります。

傾聴をお伝えしている仕事をしている一方、
機会があるごとに、
練習に取り組んでいます。

聴き方に失敗して、
人を不快な思いをさせた経験が
あったとしても、

次はどのようにするかという
フィードバックが
そこにあるのです。

そのフィードバックにより、
次の練習のときには、
少し出来るようになっています。

さらに、

そのフィードバックが
聴き上手への道に確実に
繋げてくれています。

私自身の
傾聴の話になりましたが、
まだまだ日々、練習です。

傾聴に限らず、
私と一緒に、失敗を恐れず、
(何回も言いますが、失敗ではないので・・)
チャレンジしてみませんか?

今日も読んでくださり、
ありがとうございます。

******ご案内******

メモをとる女性
7月の講座
★傾聴1日講座(基礎)
7月3日(金)神戸会場
(三ノ宮駅徒歩圏内)
7月26日(日)名古屋会場
 (名古屋駅東口から徒歩3~4分)

****** ******

無料公式メルマガのご登録はこちら
→ 人に優しくなれる「傾聴メソッド」

講座について、もっと詳しく知りたい方はこちら
→ ホームページ【優しくなれる話の聴き方】

お問い合わせはこちら
→ お問い合わせ 垣辻より子【人に優しくなれる「傾聴メソッド」】

関連記事

  1. リビングの椅子

    あなたは、事実を明らかにしたいですか?

  2. セミナー講師

    傾聴1日講座(基礎)受講生さんの感想文ご紹介(3)

  3. 父との会話も判断基準を自分にすると優しくなれる

  4. コキアの写真

    聴き取りがうまくなれば、傾聴力は上がる

  5. 泣く子供

    傾聴1日講座(基礎)受講生さんの感想文ご紹介

  6. お母さんと子供

    子供の話を聴けなくて悩んでいるあなたへ

  7. ダンスをする男女

    傾聴でいう『一緒に踊る』とは?

  8. 夕日に花

    『相手の気持ちは尊重したい』という私の気持ち