手の平にもみじ

自分の気持ちの取り扱い方

こんにちは。
優しくなれる話の聴き方講師の
垣辻より子です。

今日は、
傾聴で聴くときの
『自分の気持ちの取り扱い方』について、
お話したいと思います。

 

たとえば、

「最近の課長は、
私に怒ってばかりで、
きっと、仕事できないって
思われていると思うんだけど・・」

って言う人に、

「そんなことないよ」
「それは考えすぎだと思うよ」

って、
言いたくなったりしませんか?

私は、
一般会話(日常会話)であれば、
言っているかもしれません。

 

しかし、

 

これは、
相手は意を決して、
話はじめたのに、
聴き手が遮っていますよね。

また、
『考えすぎだよ』っていうのは、
聴き手の勝手な思いであり、
聴き手中心になっていますね。

 

もちろん、
一般会話(日常会話)なら、
OKです。

悩む女性

相手にとって、この状況は、
どういうことかと言うと、

ずっと、考えていたんだけど、
やっとの想いで、
話し始めた・・。

 

しかし、
すぐに説得されて、
聴いてもらえていない・・と
感じているわけです。

ここで、聴き手の心の中で
『そんなことないよ』
『それは考えすぎだと思うよ』

という思いが出てきても、

今、目の前の人と
傾聴で関わりたいと思うのであれば、
相手が思っていること、
感じていることに
耳を傾けて聴くことをおすすめします。

相手の想っていること、
感じていること、
相手の気持ちを感じ取ろうとしながら、
お聴きするのです。

相手の気持ちを受け取るように、
関わるのです。

 

そうすると、
応答の仕方が変わってきます。

 

『それは考えすぎだよ』という
気持ちが自分の中に出てきたとしても、
その気持ちを否定しないこと。
(ここが大事です!)
その気持ちを感じたままにすること。

 

感じたままにするって?

 

『こんな気持ちが出てきているな~』
『今、私はこう感じているんだな~』
『私だったら、こう思うけどな~』
という風に。

自分の気持ちを認めた上で、

置いておく・・というか、
わたし的には、放っておくのです。
そう・・・放置状態です。

 

感情の種類

そして、

 

相手の気持ちを感じることに
注意(意識)を向けるのです。

 

この場合であれば、

『課長は、私に怒ってばかりで、
きっと、仕事できないって
思われていると思うんだけど・・。』

ということですから、
相手は、
もしかしたら、

不安があるのかな・・

心細いのかもしれないね

寂しさもあったりするのかな・・

怒りもちょっぴりあるのかな・・

傷ついているのかな・・

あるいは、

惨めさもあるかもしれない・・

相手の言語と非言語とともに、
相手の世界観に
お邪魔させていただく・・
そんな感じでしょうか。

自分の気持ちの取り扱い方に
ご興味ある方は、
講座でお待ちしています。

今日も、読んでいただき
ありがとうございます。

 

******ひとりごと******

昨日の晩ご飯を見て、
子供がひと言。
「今日は、豪華やなー」

それって、裏をかえせば、
いつもは、質素ってことやんね?ね?(笑)

 

無料公式メルマガのご登録はこちら
→ 人に優しくなれる「傾聴メソッド」

講座について、もっと詳しく知りたい方はこちら
→ ホームページ【優しくなれる話の聴き方】

お問い合わせはこちら
→ お問い合わせ 垣辻より子【人に優しくなれる「傾聴メソッド」】

関連記事

  1. 悩みを話す女性

    傾聴で意外と知られていない大切なこと

  2. 子供とお母さん

    『言葉になる気持ち』と『言葉にならない気持ち』

  3. お母さんと子供

    子供の話を聴けなくて悩んでいるあなたへ

  4. マニュアル

    話の聴き方を手順書にできない理由

  5. 時計

    傾聴で話が長い人への対応とは

  6. お花

    嫌なところが気になるあなたへ

  7. 新緑の中の男女

    妻の気持ちがわからないときのおすすめの関わり方

  8. 新緑の親子

    傾聴が必要なときってどんなとき?